ブログ

日本代表 強豪ウルグアイに勝利の裏で

どうもコーチです。

日本代表やりましたね。
スアレスを怪我で欠いたとはいえ、PSGのエース カバーニを要する堅守かつ高火力のウルグアイ相手に4-3と大量得点を奪っての勝利。

興行目的の二桁大量得点での勝利が確実な相手ではなく、同格以上の相手にしっかりと結果を残しながらの強豪とのマッチアップを組んでいく取り組み方もこれまでと違い素晴らしいと思います。
個人的には歴代の日本代表の中で、若い選手が定着しつつある今のメンバーが一番ワクワクします。

唯一の気がかりは、長友選手が4年後今のパフォーマンスを維持できるのか?
間違いなく現日本最強左SBと思いますが、4年後を見据えると長友さんありきで考えないほうがいいのではとも思う次第です。


さて、前置きが長くなりましたが本日は日本代表が戦う中、フェノメーノは練習でした。

ぶっちゃけ、代表戦が見たい気持ちが無かったと言ってしまうと嘘になります。
それでも今日の練習は代表の大勝利を袖にしてでも参加してよかった。

最初のグループでの対面パスから最後のゲームまで、各自の意識レベルは高く、出した後の動き出しの意識など今力を入れていることに全員がキチンと向き合って臨めていました。
このレベルで練習できて入ればガンバカップで面白い結果も出せるんじゃないかと本気で思います。

気づけばコーチ自身、最後のゲームで割と自ら仕掛けに行くようにヒートアップしていました。
いや、ヒートアップさせられていました。
これはすごい良い事。ぜひ、二年後にはコーチが本気で仕掛けて・本気で奪いに行く良きライバルに成長してほしいものです。

まだまだ、皆が対峙してきたコーチはホンモノじゃないよ。
もっと旨いし、もっと強いし、もっと速いし、もっと賢いし、もっとズルい。
皆ならスグにそこに辿り着けるはず。
カテゴリー :  練習
2018年10月17日

ガンバカップ エントリー完了

どうもコーチです。

本日の雨はなかなか消耗しましたね。

ただし、本来 雨では中止にならないスポーツであるサッカーをこの環境の中でトレーニング出来たのはいい事だと思います。
止まるパス、伸びるバウンドに慣れないと。

コーチが柊弥に

「それ止まるで」

と水溜りに向けて出したパスが、本当に止まった事に何人か驚いてくれてましたが、こんなのは経験であり、全然すごくない事。
皆も経験するだけ。その経験をできたのがすごい収穫だと思う。

さて前置きが長くなってきたところで本題ですが、昨日の台風直撃の日、暴風が落ち着いたタイミングで銀行に行きガンバカップのエントリー料をお支払いしてきました。



アドバンスリーグαでは、悔しい思いをしてきましたがここらで晴らしておきたいですね。
相手はおそらく三年生は引退し、二年生が主体になってくるのではないかと思います。年齢的アドバンテージは一つ下がりました。それ以上にこの夏、そして今現在取り組んできている事がどれだけ通用して、逆にまだまだ試合レベルに持ってこれていないか。

リーグ開幕まで、練習から監督・コーチに「おっ」と思えるよう一つのプレー、一つの挙動を意識高く維持して過ごしてください。
監督もコーチも練習後に、誰が良かった誰のどういう課題を見つけたをよく話すけど、ここにいい意味でよく話題に上がる選手になってほしく思います。
カテゴリー :  チームについて
2018年9月8日

カブトムシ♀ばっかり来る、、、

8日にFリーグにロベカルを見に行くにあたり、YOUTUBEでロベカルのフリーキック集を見まくっているコーチです。

個人的に今のSBの攻撃参加が勝利へのカギという常識を常識たらしめた2002年の日韓W杯で、右SBカフー・左SBロベカルのブラジルが優勝したことが大きいと考えています。
今の吹田Fの選手たちと、僕が同じ年頃だった時にアイドルだった選手の一人に会えるのが楽しみでなりません。

本日の桃山台での練習、またもやカブトムシのメスがやってきました。
これで今年の夏、三匹目です。それも全てメス。
なぜオスがこない。。。


打って変わって本日の練習。
目下、チームとしての課題は「スペースを開ける動き」と「空いたスペースに飛び込む動き」の連続性。
尚吾(やったかな?)が、垂直に降りてきて空いたスペースにコーチが抜け出して圭にキックを要求しました。そこに圭から僕が望ん多通りのボールが。

圭の現在ぶち当たってる壁は、圭自身の軽率なキックから生まれるピンチ・失点の多さ。
そんな圭からもらった最高のパスをコーチはボレーシュートで相手GKの駿にぶち当ててしまった。


圭に散々、

「自分のキック一本は試合の勝敗を左右する一本と自覚しないといけない」

と指摘してきた僕が、まさに試合を左右するパスを出してくれた圭のパスを貰っておいて外してしまった。
その一本は決める事で、圭の中の何かを覚醒させる一本だったかもしれないのに。。。


ここから二年後の夏。
この縦のスペースに飛びだせるのはコーチではなくて選手たち自身であってほしい。
そして、縦に抜け出した選手は確実にゴールを決める選手であってほしい。

そして、カブトムシはオスが迷い込んで来て欲しい。。
カテゴリー :  練習
2018年8月31日

課題・欠点の総集編のような試合

どこでお尻を打ったのか、尾骶骨の激痛につきお昼にフリースタイルの練習をしていましたが座りながらの練習が出来なかったコーチです。

昨日は、Joga Bonitoさんと試合をさせて頂きました。これまで、数多く敗戦を経験してきましたが中でも今回は悔しかった。
これは決して二年生と一年生の、身体能力の差で納得しては行けない内容。

各選手にこの半年あげてきた課題、こう言う形から多く失点していると言うデータ通り勝手にこちらから失点しに行っただけ。
翔太郎の孤軍奮闘、裕陽のドリブルにのみ見いだせる好機。
竜太郎はワンチャンスをものにするあたりはさすがと言えるし、永遠・柊弥は六年生ながら体を張って潰すし、尚吾の1.5列目で奪ってからの縦のドリブルという発見もあったけど、それらは決して相手を仕留めるまでには至らず。

この夏、アドバンスリーグαを終えてコーチは正直「三年生とこれだけバチバチぶつかった一年生もそうおらんやろ」ってある種満足してました。
二年生との身体能力差など、今のみんなにはヌルく感じるだろうと思っていたけど、身体能力差以前にボールを止めれない・簡単なパスで相手を見れてない、それ以前にパスがずれる。
これではいつまでたっても次の次元には進めない。この夏の経験はなんだったのか。
連戦連敗の悔しさを、リーグ明け一発目の試合で爆発できなかった。

こんなにデータ取りと動画確認が苦痛で楽しくなかった試合はまだない。


今から、佐井寺で練習です。
この試合の結果・データから各選手が何を思って練習に取り組めるのか。
楽しく笑顔で練習を取り組めるのはいい事。プロの選手だってニコニコ楽しそうに練習してる。
「ニコニコ楽しそう」と、「ヘラヘラダラダラ」を履き違えてはいけない。

今日はじっくり見させてもらいます。
カテゴリー :  チームについて
2018年8月28日

8/26練習試合 対 ジョガボニートFCさん

台風が過ぎてからまた猛暑日が続いて、動いてないのに汗がしたたる監督です。

先日はジョガボニートさんにお越しいただき練習試合を行いました。
2018.8.26
結果は
1試合目1-5
2試合目0-5
と、大差での敗北となりました。

中盤から前へ進みたいところでことごとく相手に引っかかったりパスが合わなかったりで攻撃の機会が少なく、逆にうまくスペースを使ったジョガボニートさんの展開に苦しむ時間帯が多くなりました。

アドバンスリーグαを戦いながら取り組んできた各々の課題がこの試合でうまくいかなかったところが多く、監督としては今までの課題よりも次の段階に目を向け過ぎていたことを反省しています。
改めて今の課題と向きあって、練習の1プレー1プレーを振り返りながら克服していこう。

お相手してくださったジョガボニートFCの方々、ありがとうございました!
カテゴリー :  試合結果
2018年8月28日
お問い合わせ