背番号

カテゴリー :  チームについて
2018年4月3日
監督の大原です。

高校時代の私の背番号は29でした。
誕生日が29日だったというだけの理由でしたが、この番号を背負ってプレーした3年間でとても思い出の詰まった番号になりました。
憧れの選手がつけているから、自分にとって特別な番号だから、選手それぞれ理由は様々ですが、とても大事なものの1つです、

写真撮影

先日、ホームページに載せる選手紹介用の写真撮影が終わった後、背番号の希望が被ってしまった選手同士で対決を行いました。
希望の番号が取れなかった選手はとにかく悔しかったはずです。
ただ、ここからの1年間試合に出て、今回の対決に勝った選手よりもしっかり結果を残すことができれば、背番号を奪い取るチャンスがあります。
背番号を手に入れた選手は、大事な番号を奪われないよう気を抜けません。ポジション争いとも同じですね。
結果どうなっていくかまだまだ分かりませんが、自分を含め後で後悔することのない日々を送っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA