乗り越える!そう信じる!

カテゴリー :  チームについて
2018年11月16日
コーチです。
今、選手たちは本当に疑心暗鬼になっていると思います。

目先の勝利ではなく、しっかり順序立てて勝つチームには理由がある事を理解して勝てるチームへとなって行く。
そのことが、何より重要と考えている僕ですら正直苦しいんですから選手たちはなお苦しいと思います。

あまり人に相談する方ではないのですが、
先日自分の結婚式に来てくれた元シュライカー大阪の選手で現シュライカー大阪サテライト監督の永井義文くんに現状の相談をすると

「一年目やろ?そら勝てるわけないやん。」

「言い方は悪いけど、洗脳しかないと思うで」

「自分のやってることが実を結ぶと洗脳できれば勝てる日が来るで」

と言われました。
その言葉は確かに納得のいく部分が多くあります。

僕は自身が、フリースタイルを始めて自発的に意識を改革する事でサッカーが格段にステップアップしました。
その経験からもっと選手たちが自発的に意識の改革をしてもらうべきだと考えていました。
その瞬間が来るまでいつまででも気長に待つつもりでいました。

間違ってたのかもしれません。
僕が自ら変われたのは、たまたまいろんなことが重なって運が良かっただけなのかもしれない。
僕は選手たちが変わるのを待つのではなく、選手たちを変えることに躍起にならないといけないのかもしれない。
それが永井監督の言う「洗脳」なのかもしれない。

今日の練習でも選手たちは、日に日に成長が見て取れる様になってきています。
試合のたびに何度跳ね返されても、これが実を結ぶと信じるしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA